ビハキュアは安全?全成分効果と副作用危険度を徹底解析しました!

 

この記事ではビハキュアの副作用について解説します。

 

ビハキュアに使われている全成分を一覧でまとめた上で、その効果と副作用危険度を徹底解析!

 

結論から言うとビハキュアは非常に安全性の高い美白化粧品ですが、どんな原材料が使われているのか気になるという人は、この記事をしっかり読んでいって下さいね!

 

成分名 効果 副作用の危険度
トラネキサム酸 メラニンの生成を抑え、抗炎症作用により肌荒れを予防します。
アルブチン メラニンの過剰な生成を抑えて、シミやそばかすを防ぎます。
BG 保湿剤ですが、防腐効果もあり、さまざまな化粧品に配合されています。
濃グリセリン 保湿効果に優れている成分です。
カルボキシビニルポリマー 増粘作用を得るために配合されています。
水酸化Na せっけんを合成するための成分として用いられたり、増粘作用を得るために用いられたりします。
スクレロチウムガム 酵母由来の増粘剤です。
フェノキシエタノール 微生物の増殖を防ぐので防腐効果があります。
スクワラン 肌に潤いを与え、ターンオーバーを正常にします。
メドウフォーム油 毛穴を詰まらせずに肌に吸収され、皮脂を調整するイコセン酸が60パーセントを占めています。
トリエチルヘキサン酸グリセリル 皮膜を形成します。
セテアリルアルコール 乳化を補助し、適度なエモリエント効果も得られます。
ベヘニルアルコール 乳化安定剤、また、感触改良目的で使用されています。
ラウロイルグルタミン酸ジ(コレステリル・ベヘニル・オクチルドデシル) エモリエント効果とともにアンチエイジング作用にも期待できます。
ジメチコン 撥水性に優れた皮膜を形成し、滑りや伸びの良い成分です。
セスキオレイン酸ソルビタン 水と油のどちらにもなじむ、非イオン界面活性剤です。
SEステアリン酸グリセリル 乳化安定作用の高い非イオン界面活性剤です。
ステアリン酸POE(20)ソルビタン 乳化剤や感触調整剤として使用される成分です。
水添大豆リン脂質 乳化特性を生かして、有効成分を肌に浸透させるために使用されています。
天然ビタミンE 抗酸化作用が強力であり、肌の隅々に血液をいきわたらせ肌荒れを解消させます。
グリセリンエチルヘキシルエーテル 保湿作用および防腐作用があります。
グリセリン脂肪酸エステル 食品にも用いられる安全性の高い乳化剤です。
ピロ亜硫酸Na 防腐防止剤、保存剤として使用されています。
1,2-ペンタンジオール 保湿作用と製品安定化剤としての効果が得られます。
アロエエキス-2 保湿効果のみならず消炎効果もあり、古くから切り傷などの民間薬としても使われてきました。
酵母多糖体末 保湿成分として、また肌の弾力アップのために使用されています。
グリセリル-N-(2-メタクリロイルオキシエチル)カルバメート・メタクリル酸ステアリル共重合体 肌のハリやしわを改善するための成分です。
チンピエキス メラニンの生成を抑制し、抗炎症作用及び血行促進効果が期待できます。
ウメ果実エキス 抗糖化作用に優れています。
シルバーバイン果実エキス くすみを抑制し、肌の透明感を保ちます。

 

副作用の危険度:当サイトの基準で判定しています。

 

ビハキュアに含まれる成分と、副作用の危険度を一覧でまとめてみました。

 

ビハキュアには30種類もの成分が使用されていますが、副作用の出るような成分は一切含まれていません!

 

防腐防止剤として、ピロ亜硫酸Naとフェノキシエタノールが含まれていますが、少量であれば問題ないので気にする必要はないでしょう。

 

また、ビハキュアは刺激のある成分としてよくあげられる、香料・着色料・アルコール・紫外線吸収剤・鉱物油・パラベンの6つの成分は無添加となっています!

 

ISO9001基準の高い品質管理体制のもと、国内工場で100%製造していることからも、安全性の高い美白ケア・シミ消し化粧品と言って間違いないでしょう!

 

ビハキュアを3ヶ月使った口コミはこちらで紹介しているので、徹底美白する前の参考にしてみてくださいね♪

 

>>ビハキュアを3ヶ月使った私の口コミ